メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピード女子団体追い抜き、金 冬季最多、メダル11個

【平昌五輪】女子団体追い抜きで金メダルを獲得し観客の声援に応える(右から)高木美帆、高木菜那、佐藤綾乃、菊池彩花=江陵オーバルで2018年2月21日、宮間俊樹撮影

 【平昌(ピョンチャン)・岩壁峻】平昌冬季五輪第13日の21日、スピードスケート女子団体追い抜きで、高木美帆(23)=日体大助手=らの日本は、オランダとの決勝を2分53秒89の五輪新記録で制し、金メダルに輝いた。日本勢今大会11個目(金3、銀5、銅3)のメダルで、1998年長野大会の10個(金5、銀1、銅4)を上回り、冬季五輪史上最多になった。高木美は1500メートルの銀、1000メートルの銅に続くメダル。冬季五輪の1大会で3個のメダルを獲得するのは、長野大会金2個、銀1個のノルディックスキー・ジャンプの船木和喜以来、日本選手で2人目。

 結束力が「個」の力を退けた。日本が決勝で対戦したオランダは女子1500メートル金メダルのブストをはじめ3人ともメダリスト。しかし最後に笑ったのは日本だった。

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文894文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです