メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民改憲本部

「教育無償化」玉虫色 条文案に明記せず

自民党憲法改正推進本部全体会合の冒頭で話す細田博之本部長=東京都千代田区の自民党本部で2018年2月21日午前11時3分、和田大典撮影

 自民党憲法改正推進本部(細田博之本部長)は21日の全体会合で、教育分野に関する憲法改正の条文案を大筋で了承した。教育を受ける権利などを定めた憲法26条に第3項を新設し、国に教育環境整備への努力義務を課す。改憲による教育無償化を目指す日本維新の会に配慮し、「経済的理由」で教育を受ける機会を奪われないという規定も設ける。ただ、無償化を明記しないため、維新は現時点で自民党案を支持していない。

 自民党案では、公金支出のあり方を定めた89条を改正し、私学助成の合憲性を明確にする。26条第3項は教育の環境整備が必要な理由を「教育は国の未来を切り拓(ひら)く上で極めて重要」などと定める。

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです