メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2018

中東和平 探る脱「米依存」 パレスチナ、外交攻勢 議長、多国間枠組み提案

 停滞する中東和平プロセスの枠組みが揺れている。長年、イスラエルとパレスチナの和平交渉を仲介してきた米国が、トランプ政権下でイスラエル寄りの姿勢を強化。反発したパレスチナは米国の仲介を拒否し、20日の国連安全保障理事会で多国間の枠組みによる和平実現を呼びかけた。3者が対立を深める中、和平は実現するのか。【エルサレム高橋宗男、ワシントン会川晴之、カイロ篠田航一】

 「(トランプ)政権は(昨年12月に)エルサレムをイスラエルの首都と認め、米大使館を移す決定をした。…

この記事は有料記事です。

残り1906文字(全文2137文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです