メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
キューバは今

ポスト・カストロ 前夜/1 遠いネットの自由 政府、体制崩壊恐れ

インターネット無料利用センターで無償提供されたパソコンを前に語る職員のアドレアーナさん=ハバナで2018年1月

 キューバのラウル・カストロ国家評議会議長(86)が4月に議長職を引退する。キューバ革命(1959年)から約60年。カストロ兄弟による支配が終わり、指導部の世代交代が進む中、この国はどこに向かおうとしているのか。現状を報告する。【ハバナで山本太一】

 ハバナ市の住宅街にある国内唯一のインターネット無料利用センターを1月末、訪ねた。地元の著名彫刻家アレクシス・レイバ氏(48)が2016年3月、自身の博物館内のアトリエを利用して開設。米IT大手グーグルはノート型パソコン20台を寄付し高速接続できる技術も提供した。

 「近隣住民らに気軽に海外にいる家族と交流したり、多くの情報に触れたりしてもらうことが狙いだった」。…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1381文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 拝謁記 昭和天皇、戦争への悔恨 「反省といふ字どうしても入れねば」 表明実現せず

  4. 三大ピラミッド3Dデータ生成 石材の細部、把握可能 建設の謎解明へ

  5. 暑いですが、もうすぐ欲しくなるおでんがピンチです すり身世界的高騰

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです