メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キューバは今

ポスト・カストロ 前夜/1 遠いネットの自由 政府、体制崩壊恐れ

インターネット無料利用センターで無償提供されたパソコンを前に語る職員のアドレアーナさん=ハバナで2018年1月

 キューバのラウル・カストロ国家評議会議長(86)が4月に議長職を引退する。キューバ革命(1959年)から約60年。カストロ兄弟による支配が終わり、指導部の世代交代が進む中、この国はどこに向かおうとしているのか。現状を報告する。【ハバナで山本太一】

 ハバナ市の住宅街にある国内唯一のインターネット無料利用センターを1月末、訪ねた。地元の著名彫刻家アレクシス・レイバ氏(48)が2016年3月、自身の博物館内のアトリエを利用して開設。米IT大手グーグルはノート型パソコン20台を寄付し高速接続できる技術も提供した。

 「近隣住民らに気軽に海外にいる家族と交流したり、多くの情報に触れたりしてもらうことが狙いだった」。…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1381文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  3. しらかば帳 また帰ってきます /長野
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです