メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キューバは今

ポスト・カストロ 前夜/1 遠いネットの自由 政府、体制崩壊恐れ

インターネット無料利用センターで無償提供されたパソコンを前に語る職員のアドレアーナさん=ハバナで2018年1月

 キューバのラウル・カストロ国家評議会議長(86)が4月に議長職を引退する。キューバ革命(1959年)から約60年。カストロ兄弟による支配が終わり、指導部の世代交代が進む中、この国はどこに向かおうとしているのか。現状を報告する。【ハバナで山本太一】

 ハバナ市の住宅街にある国内唯一のインターネット無料利用センターを1月末、訪ねた。地元の著名彫刻家アレクシス・レイバ氏(48)が2016年3月、自身の博物館内のアトリエを利用して開設。米IT大手グーグルはノート型パソコン20台を寄付し高速接続できる技術も提供した。

 「近隣住民らに気軽に海外にいる家族と交流したり、多くの情報に触れたりしてもらうことが狙いだった」。…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. サラリーマン川柳 今回の優秀100句を一挙掲載 第33回サラリーマン川柳 

  4. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  5. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです