メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

政権側攻撃、死者299人 内戦下で最悪レベル 首都近郊

 【カイロ篠田航一】シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区で、地区を包囲するアサド政権側の攻撃による民間人の犠牲者数が激増し、深刻な人道危機状態に陥っている。在英民間組織・シリア人権観測所の集計を基にしたロイター通信の報道によると、21日も少なくとも27人が死亡、18日以降の死者数は299人に上り、シリア内戦下でも最悪レベルの被害との指摘も出ている。

 「今も砲撃が続いている。特に18日以降の爆撃はひどく、外も歩けない」。東グータ地区に住むアブドラさ…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文804文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]