メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

政権側攻撃、死者299人 内戦下で最悪レベル 首都近郊

 【カイロ篠田航一】シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区で、地区を包囲するアサド政権側の攻撃による民間人の犠牲者数が激増し、深刻な人道危機状態に陥っている。在英民間組織・シリア人権観測所の集計を基にしたロイター通信の報道によると、21日も少なくとも27人が死亡、18日以降の死者数は299人に上り、シリア内戦下でも最悪レベルの被害との指摘も出ている。

 「今も砲撃が続いている。特に18日以降の爆撃はひどく、外も歩けない」。東グータ地区に住むアブドラさん(35)は20日、毎日新聞の取材にそう語った。別の住民によると、既に医薬品や医療器具も底を突き、「絶望しかない」状況。わずかに残る救急車両も空爆を恐れて移動できず、負傷者の救助が満足にできていないという。

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. フォーカス 香取慎吾 ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」万丞渉役 SNSとの距離考え

  4. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです