メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ビール類

「強め」好調 度数7~8%、次々新製品 酔いやすさ人気

 アルコール度数が高く、「ストロング系」と呼ばれる第3のビールの売れ行きが好調だ。ビール類(ビール、発泡酒、第3のビール)の度数は5%前後が主流だが、各社は7~8%に高めた新製品を次々と発売している。市場では、度数が10%近い缶チューハイが「手軽に酔える」と人気を得ており、各社は“二匹目のドジョウ”を狙う。【今村茜】

 缶チューハイ市場は、ストロング系にけん引され、この5年間で1・5倍に拡大。対照的に、ビール類の国内総出荷量は13年連続で減少している。ビール類のテコ入れ策を迫られた各社は、個性的な味わいが特徴のクラフトビールや高品質のプレミアムビールと並ぶ新機軸として、「ストロング系」ビール類の新製品を強化している。

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 新型肺炎 「感染拡大」前提に対策 政府、専門家会議受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです