メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

地方創生と地方分権=三菱商事調査部長・武居秀典

 高度成長期以降、地方の活性化は歴代政権の重要課題として位置づけられ、安倍政権も2014年、地方創生担当相を任命、内閣に「まち・ひと・しごと創生会議」を設置した。それから3年、政府資料では、地方創生の成功事例も紹介されているが、全体として、閉塞(へいそく)感が否めない。何が問題なのか。

 目立たないが、安倍政権は、地方創生とともに地方分権も政策課題として掲げ、13年、首相を本部長とする地方分権改革推進本部を設置、現在まで11回の会合を開催している。ただ、地方創生と地方分権は表裏一体、車の両輪のはずだが、バラバラ感があり、ここに問題の一端がある。

 地方創生では、国による切れ目のない情報・人的・財政支援が打ち出されている。特に財政支援では地方創生…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです