特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 豊島将之八段-屋敷伸之九段 第45局の1

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

角換わり最新型

 豊島は5連勝から連敗し、雲行きが怪しくなってきた。名人挑戦権を獲得するのは簡単ではないと、最初から思っていただろうが、現実は予想以上だろう。本局に勝てば、再び挑戦権争いの単独トップに立てる。

 一方、屋敷は苦しい2勝5敗である。実力が出し切れていない感じがするが、本局ではどうか。敗れると、残留争いがかなり厳しくなる。大きな一番だ。

 本局は角換わりから、屋敷が忍者流らしくすばやく早繰り銀に出る。[後]7三銀(図)が予定の作戦である。棒銀に出た[後]8四銀では[後]6四銀もあるが、[先]6六歩と突かれると難しい。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文822文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集