メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

18歳のリスク

晴れ着契約 高校生向け営業激化

 横(よこ)浜(はま)市(し)の晴れ着レンタル・販(はん)売(ばい)業者と契(けい)約(やく)していた多くの新成人(せいじん)に先月8日の成人の日、振(ふ)り袖(そで)が届かず大きな問題になった。業者の経営悪化が原因だが、これ以前から晴れ着の契約を巡(めぐ)るトラブルは多い。

 「一点ものの振り袖が当たりました」。ある日、40代女性のもとにこんな電話があった。数日前、呉(ご)服(ふく)店(てん)から17歳(さい)の娘(むすめ)宛(あ)てに届いた懸(けん)賞(しょう)に応(おう)募(ぼ)していた。詳(くわ)しく聞くと「貴重な一点ものの生地。受け取るには、仕立て代30万円が必要」とのこと。女性はいったん支払いを了(りょう)承(しょう)し、電話を切った。

 後日、この女性から相談を受けた青森県消費生活センターによると、成人式を控(ひか)えた10代後半の女性に、こうした懸賞が届く例は多い。当選したと言いながら、後から仕立て代や帯(おび)、草(ぞう)履(り)の購(こう)入(にゅう)を要求する店もあり、相談が多く寄せられていた。この女性に対しては、まだ成人式まで時間があることなどを説明し、冷静に判断するようアドバイスしたという。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです