メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

ブロックチェーンで相互監視 狙われる仮想通貨交換所 対策課題

仮想通貨の仕組み

 仮想通貨交換業者「コインチェック」から、580億円相当の仮想通貨が盗まれる事件が発覚して約1カ月。実体のない仮想通貨はどのように生まれるのか。不正アクセスの再発はないのか。仮想通貨を支える「ブロックチェーン」などの仕組みや課題を取材した。【鈴木理之】

 ●「流出」後もバブル

 「金もうけの絶好のチャンス。自分も仮想通貨のブームに乗りたい」。東京・秋葉原のパソコン専門店で、客の日本人男性が取材にこう語った。男性が物色していたのは、グラフィックデザインの映像処理などで使われるパソコン部品「グラフィックボード」(グラボ)だ。データの高速処理が可能で、安いものなら1万円以下で購入できる。

 秋葉原では昨秋以降、グラボを求める中国人観光客らが多数訪れるようになり、コインチェックの流出問題が…

この記事は有料記事です。

残り1399文字(全文1741文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  2. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]