メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

フィギュア 女子SP 連発、自己新の舞 宮原4位、坂本5位

女子SPで4位につけた宮原知子=江陵アイスアリーナで2018年2月21日、佐々木順一撮影

 (第13日)

 女子ショートプログラム(SP)が行われ、ともに初出場の日本勢は宮原知子(関大)が自己最高を塗り替える75・94点で4位、17歳の坂本花織(シスメックス)も自己ベストの73・18点で5位につけた。

 今季のグランプリ(GP)ファイナルを制した15歳のアリーナ・ザギトワ(ロシアからの五輪選手=OAR)が82・92点の世界歴代最高でトップ。18歳で世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ(OAR)が81・61点で2位。昨季世界選手権2位のケイトリン・オズモンド(カナダ)が自己ベストの78・87点で3位だった。30人中上位24人が23日のフリーに進んだ。

 宮原が、ジャンプの回転不足をなくすという課題をクリアした。「大きなミスなく終えられて、ひとまずほっとした感じ」。全てのジャンプを回りきったと判定され、安堵(あんど)の表情だ。

 しっかり回転するために掲げたキーワードは「グッ」「バッ」。感覚に頼らず、努力で自らの滑りを確立してきた宮原らしからぬ擬音での表現だが、「半分くらいは気合」と笑う。冒頭の連続3回転をはじめ、すべてのジャンプを「グッ」と跳び「バッ」と降りた。

この記事は有料記事です。

残り2363文字(全文2857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです