メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スノーボード

鬼塚、悔しい8位 着地まとまらず

【平昌五輪】スノーボード女子ビッグエア決勝1回目、鬼塚雅のエア=アルペンシア・ジャンプセンターで2018年2月22日、山崎一輝撮影

 満面の笑みで終えることはできなかった。19歳の鬼塚は「五輪に向けて足りないものはない」と自信を胸に臨んだが、目標のメダルに届かなかった。

 1回目に2回転半の「キャブ900」で78.75点の4位につけた。2、3回目は縦2回転、横3回転の「バックサイドダブルコーク1080」に挑んだが、ともに着地がまとまらなかった。

 「これを決めなかったらメダルはないと思っている」と習得に執念を燃やしてきた技だ。これまで試合で成功したことがなかったが、毎日寝る前には技を決めている場面をイメージ。果敢に臨んだが理想を実現できず「実力不足だった。自信がないままやったこともダメでした」と認めるしかなかった。

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです