メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

与党が救済策検討 議員立法目指す

 自民、公明両党は21日、旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らに対する救済策を検討することを決めた。国家賠償請求訴訟が各地に広がる可能性があるため、司法救済と並行して与党内で議論する。最終的には野党も含めた議員立法を目指す。

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長らが21日、東京都内で会談して…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです