裁量労働制

厚労省ずさん調査 異常データ新たに117件

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相(手前)と加藤勝信厚生労働相(左奥)=川田雅浩撮影
安倍晋三首相(手前)と加藤勝信厚生労働相(左奥)=川田雅浩撮影

 裁量労働制に関する厚生労働省のデータを巡り、問題となっている「2013年度労働時間等総合実態調査」に、同じ人の残業時間が1週間よりも1カ月の方が短いなど、異常な数値が新たに87事業場で117件見つかった。立憲民主党の長妻昭代表代行が厚労省の資料を精査して発見し、21日の野党の会合で厚労省幹部が報告した。安倍晋三首相は国会で「データを撤回するとは言っていない」と答弁したが、データの信ぴょう性がさらに揺らいでいる。

 また、これまで厚労省が「ない」と説明していたデータの基となる調査票が、20日に厚労省本庁舎の地下倉庫から見つかったことも判明。野党の指摘を受けて調べたところ発見されたといい、問題発覚後の調査の甘さが浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り636文字(全文949文字)

あわせて読みたい

注目の特集