メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スケート

4人の力一つに 女子追い抜き、日本金

 平昌五輪のスピードスケート女子の団体追い抜き決勝は、高木美帆(日体大助手)、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)、高木菜那(日本電産サンキョー)の日本が、五輪記録を1秒72更新する2分53秒89でオランダを降して初優勝した。高木美は1500メートルの銀、1000メートルの銅に続くメダルで、冬季五輪の日本勢で初めて1大会3色のメダルを獲得した。

この記事は有料記事です。

残り1137文字(全文1305文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです