メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学関連

発達障害の人向け「大学生活準備プログラム」 大阪大が参加者募集

大学生活準備プログラムのチラシ=大阪大提供
「大学生活準備プログラム」のプログラム例=大阪大提供

 大阪大は3月23、26、28日の3日間、豊中キャンパス(大阪府豊中市)で4月から大学に進学する発達障害、特に自閉症スペクトラム障害(ASD)の人を対象とした「大学生活準備プログラム」を開催する。同大以外への入学予定者も参加できる。

     ASDは自閉症やアスペルガー症候群などを含む発達障害で、他人との意思疎通や環境変化への順応が苦手なのが特徴。学内で孤立しがちな学生が増えていることから、同大キャンパスライフ健康支援センターが企画した。大学への理解を深め心身の準備を整えるとともに、大学で起こりうる問題への対処法を考える。

     プログラムでは、大学の各種窓口や図書館の使い方を学ぶキャンパスツアー、グループワークやリポート作成、講義を体験する模擬授業、大学での心構えや個々の障害特性に応じてサポートする合理的配慮を理解するための「大学教育」を知る講座などのほか、参加者同士が情報交換を行うレクリエーションも予定している。

     各日午前8時50分~午後6時。定員30人で無料。参加申し込みは、氏名▽年齢▽進学予定先▽診断名などとメールアドレスを明記し、メール(info@hacc.osaka-u.ac.jp)で。申し込み期間は3月1~12日(大阪大進学者は16日)。応募者多数の場合は選考がある。問い合わせは同センター相談支援部門(06・6850・6107)。【丸山仁見】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
    3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
    4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
    5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです