メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

ドローン、AI、タブレット端末 デジタル農業、熱視線 収穫増と環境保護両立

スマートフォンで農地の状況を確認するマイクロソフトのランビア・チャンドラ研究員(左)=米西部シアトル近郊で、清水憲司撮影

 米国で情報技術(IT)を駆使して収穫量を増やしたり、肥料や水の使用量を最少化したりする「デジタル農業」が注目されている。「商機あり」とみたIT大手やベンチャー企業が次々に参入し、農業のIT化を競っている。コストを削減できれば、インドやアフリカなどでの応用が期待されるだけに、世界の食糧事情を改善する可能性を秘めている。【シアトルで清水憲司】

 米西部シアトル近郊にある米IT大手マイクロソフトの農業試験場には、ドローン(無人飛行機)がミツバチ…

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1225文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです