シリア空爆

「言葉がない」 ユニセフ白紙声明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区で多くの子供たちが空爆の犠牲となっている現状について、国連児童基金(ユニセフ)は20日、「殺された子供たち、その父母、そして彼らが愛した人々のことを正しく言い表せる言葉がない」という一文のみの異例の声明を発表した。続いて引用符のみを10行並…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集