メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
さい帯血

低酸素脳症に 脳性まひ防止期待、初の臨床試験へ 大阪市大など

 低酸素脳症の新生児に、自分のへその緒に含まれるさい帯血の幹細胞を注入し、後遺症の脳性まひを防ぐことができるか確かめる初の臨床試験を大阪市立大などのチームが始める。23日発表する。低酸素脳症は毎年1000人程度発生するとされるが、脳性まひの有効な治療法はなく、幹細胞治療による未然防止に期待がかかる。

 低酸素脳症は難産などで脳に酸素や血流が不足して起こる。後遺症で脳性まひになることが多い。出産直後の治療で未然に防ぐことが重要と…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文536文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  4. NEWSの窓 国際 日本と韓国 関係悪化、影響広がる

  5. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです