メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真脇遺跡

縄文人の火おこし道具 3300年前、板にくぼみ 石川

炭化した痕が確認された、火きり臼のくぼみ=石川県能登町の真脇遺跡縄文館で2018年2月23日、久木田照子撮影

 石川県能登町教育委員会は23日、同町真脇の国史跡・真脇遺跡で、約3300年前(縄文時代後期末~晩期初頭)の木製「火きり臼」が見つかったと発表した。摩擦熱を利用して火をおこす道具で、縄文時代の出土例は北海道小樽市の忍路土場(おしょろどば)遺跡に次ぎ2例目。本州で縄文時代に人々がこうした道具で火をおこしていたことが初めて裏付けられた。

 真脇遺跡は、約6000年前(縄文前期初頭)~約2300年前(晩期終末)の長期にわたる集落跡。火きり…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文674文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです