メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栄踏切

きょう廃止 遮断機、警報機なし 筑西 /茨城

23日に廃止される「栄踏切」。JR水戸線など3線をまたぐが遮断機や警報機がなく、危険性が指摘されていた=筑西市乙で

 筑西市内でJR水戸線、関東鉄道常総線、真岡鉄道真岡線の3線をまたぎ、遮断機や警報機がない「第4種踏切」が23日廃止される。遮断機がある隣の踏切への迂回路(うかいろ)を整備することで廃止が実現した。

 廃止されるのは、下館駅の西約300メートルにある「栄踏切」。長さは約30メートル。

 2016年9月、同市井上の関東鉄道の第4種踏切で、小学4年の男児(当時9歳)が列車にはねられ死亡する事故が発生した。

 市内には当時、第4種が8カ所あった。市は事故直後から鉄道各社と安全対策を協議。昨年3月に事故現場を…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文513文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです