メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

昭和外伝/4 戦前、短い全盛期 お家芸「人形振り」考案 /東京

 台東区下谷の長屋で喜楽家富士子は、チンドン屋の仕事をしながら次々子を産んだ。子供の世話に追われる上に転がり込んできたのは、芸者の養女から縁を切られて収入のなくなったしゅうとめ夫婦である。暴力を振るうわ、自分たちだけ贅沢(ぜいたく)をするわの仕打ちに耐える日々がまた始まったが、今度はしゅうとしゅうとめ二人そろって病気にかかり介護をしながら夜通し仮面(ダンスをする時にかぶる紙とゴムでできたもの)作りの内職をしてわずかな金を稼いだ。

 この頃独自に考案したのが喜楽家のお家芸となる「人形振り」である。

この記事は有料記事です。

残り1587文字(全文1836文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  3. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  4. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  5. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです