特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 豊島将之八段-屋敷伸之九段 第45局の2

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

豊島、作戦失敗

 [先]2九飛とゆっくり指すのも有力だったが、豊島は積極的に[先]5五角を放ってポイントを挙げに出た。

 いったん上がった銀を引いて[後]7三銀から[後]6四銀がうまい銀の活用である。

 豊島は予定通り[先]2四歩から継ぎ歩で攻めるが、[先]2五歩に[後]同歩とは指してもらえない。もし[後]同歩なら[先]同桂[後]4四銀[先]3三桂成[後]同桂[先]2一飛成で、先手大成功となる。

 本譜は先手が2筋を詰めたが、[後]4四銀が味のいい手だった。44分考えて豊島は[先]6八銀だが、流れが変調である。「作戦失敗でしたね」と豊島は[先]5五角からの手順を反省していた。

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文867文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集