遊具事故

不具合で転落し小2骨折 横須賀の小学校 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 横須賀市教育委員会は22日、市立小学校の校庭で今月7日の放課後、アスレチック遊具で遊んでいた小学2年の女児(8)が遊具の不具合で地面に転落、左手首骨折などの重傷を負ったと発表した。

 遊具は高さ約3メートルからつるした18本のロープを上り下りして遊ぶもので、1988年に設置。踊り場(高さ約2・5メー…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

あわせて読みたい

注目の特集