県環境整備事業団

明野処分場訴訟 県が上告断念 赤字54億円、公費負担 /山梨

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 トラブルが相次ぎ、閉鎖された北杜市明野町の最終処分場を巡って、県は22日、建設や汚水の浄化などに伴う最終赤字額約54億8400万円を全額公費で負担すると発表した。

 県によると、最終処分場は2009年度に開業。しかし漏水検知システムが異常値を検知するトラブルが続き、13年度に閉鎖した。

 県側は施工業者4社に計約14億円の賠償を求…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

ニュース特集