メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県環境整備事業団

明野処分場訴訟 県が上告断念 赤字54億円、公費負担 /山梨

 トラブルが相次ぎ、閉鎖された北杜市明野町の最終処分場を巡って、県は22日、建設や汚水の浄化などに伴う最終赤字額約54億8400万円を全額公費で負担すると発表した。

 県によると、最終処分場は2009年度に開業。しかし漏水検知システムが異常値を検知するトラブルが続き、13年度に閉鎖した。

 県側は施工業者4社に計約14億円の賠償を求…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです