メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうと空間創生術

/272 元・立誠小学校にあるカフェ空間 /京都

 京都市中京区木屋町蛸薬師にある「元・立誠小学校」。1869(明治2)年に下京第六番組小学校として三条河原町に開校した立誠小学校が、河原町通の拡幅に伴い、現在の校地に移転したのは、1928(昭和3)年のことである。当時の小学校としては最先端の、鉄筋コンクリート造り3階建ての校舎。ロマネスク様式のデザインが美しいこの建物は、93(平成5)年の閉校後も、さまざまなイベントに活用され、多くの市民に愛されている。

 先日、そんな「元・立誠小学校」の職員室を活用したカフェ「トラベリングコーヒー」に訪れる機会に恵まれた。立誠小学校のアーチ型の玄関をくぐり真正面にあった職員室。当時の黒板や、床板・窓枠もそのままに保存され、レトロな雰囲気の中、おいしいコーヒーが楽しめるカフェとして活用されている。店内で使用されている、椅子やテーブルも全て校内で使用されていたものを再利用。理科室にあった机や音楽室の机など、うまくレト…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 風知草 皆検査で不安ぬぐえ=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです