特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

智弁学園 人文字で頂点願う 中高700人がエール /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
智弁学園のグラウンドに描かれた人文字=奈良県五條市で、本社ヘリから三村政司撮影 拡大
智弁学園のグラウンドに描かれた人文字=奈良県五條市で、本社ヘリから三村政司撮影

 <センバツ2018>

 3月23日に開幕する第90回記念選抜高校野球大会への出場を記念し、智弁学園(五條市)のグラウンドに22日、同学園中学校の生徒も含めた約700人がエールの人文字を浮かび上がらせた。「いざ頂点へ!!」などと文字を描いた生徒らは、野球部の本番での活躍に期待を込めた。

 人文字の原案は社会科を教える徳安良亮教諭(30)が考え、「もう一度、てっぺんを取ってほしいとの思いを込めた」という。この日は午前中から教諭らがグラウンドに目印を描くなど準備。智弁の頭文字「C」の部分のみ、赤の帽子と上着を身に着けた生徒が、その他の文字を白い服装の生徒が描いた。毎日新聞社のヘリコプターが上空に飛来すると、歓声が上がった。

 「頂」の文字を作った高2の大森俊輝さん(17)は「少しでも野球部の力になれたら」。高校の生徒会長で2年の森田大智さん(17)も「優勝を目指して頑張ってほしい」とエールを送った。

 一緒に人文字を作った野球部の平野太一選手(2年)は「みんなが応援してくれるので、頑張ろうと思った」と気を引き締めていた。【佐藤英里奈】

関連記事

あわせて読みたい