特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法

強制不妊、集団訴訟の動き 弁護団、近く結成 北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法(1948~96年)が認めた知的障害者や精神障害者らへの強制不妊手術を巡り、札幌市に住む70代の男性が、国を相手に損害賠償を求めて今春にも札幌地裁に提訴する意向を固めたことが判明した。代理人となる弁護士によると、北海道内では他にも複数の当事者らから訴訟を前提とした相談があるといい、近く弁護団を結成し、集団訴訟を視野に準備を始める。

 提訴すれば、1月末に仙台地裁に国賠訴訟を起こした60代女性や、同地裁に提訴する意向を固めた70代女性に続く3人目の原告となり、道内では初となる。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文812文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集