メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌冬季五輪

最後まで政治の舞台 北朝鮮、閉会式も高官派遣 米はイバンカ氏

 【ソウル大貫智子】北朝鮮は22日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の閉会式(25日)出席のため、対韓国政策を統括する金英哲(キムヨンチョル)朝鮮労働党統一戦線部長を団長とする代表団を25~27日に派遣すると韓国政府に通知した。韓国統一省が発表した。五輪を契機に醸成された南北融和ムードを一層高め、米韓同盟を弱体化させる狙いがあると見られる。

 これに先立ち米ホワイトハウスは21日、閉会式に合わせてトランプ大統領の長女、イバンカ補佐官をトップとする代表団派遣を発表。ホワイトハウスは米朝接触の予定はないとしているが、韓国メディアは開会式で不発に終わった米朝接触の可能性に注目している。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです