メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

ラオスの潜在性=西川恵

 <kin-gon>

 インドシナ半島のラオスを1週間回った。5カ国(中国、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー)に囲まれた内陸国で人口650万、面積は日本の本州とほぼ同じ。大きな国際会議でもないと注目されないが、現地で取材するとなかなかの存在感だ。

 ラオスはベトナムを「特別の関係」と位置づけ、緊密な協力関係にある。歴史的にも近しく、北ベトナムが1975年4月に「南」を武力統一すると、ラオスでも4カ月後に社会主義政権が誕生した。80年代半ば、ベトナムが改革開放、市場経済政策を採用すると、ラオスも程なく追随。ベトナムを兄として数歩後ろをついていっている。

 産業、社会基盤、教育などはベトナムより遅れているが、これは19世紀以降の仏植民地政策にある。仏はラ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです