メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

ビッグデータとAI

 電脳空間に蓄積される大量の個人情報「ビッグデータ」を人工知能(AI)が分析することで、性格から政治的志向まで分かる時代が到来した。収集された個人情報は売買され、本人の知らない間にビジネスや選挙運動に利用されている。民主主義を脅かす「悪魔」か、豊かな社会をもたらす「救世主」か。日米の専門家3人に論じてもらった。

この記事は有料記事です。

残り4401文字(全文4557文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 秋元衆院議員、元秘書周辺を捜索 任意で事情聴く 東京地検

  5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです