メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊吹・元衆院議長

国民投票「責任、首相に」 慎重な改憲論議求める

 自民党の伊吹文明元衆院議長=似顔絵=は22日、自身が所属する二階派の会合で、安倍晋三首相が目指す憲法改正案が国民投票で否決された場合について「責任は実質的には最大与党の総裁にある」と述べた。首相辞任につながる可能性に触れ、慎重に改憲論議を進めるよう求めた。

 また「自衛隊」を明記する改憲に、9条第2…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 「ダンス オブ ヴァンパイア」公演チケット 不正に大量購入の被害

  3. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです