メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キューバは今

ポスト・カストロ 前夜/2 「公正な社会」模索 突然の自営業許可中断

 キューバ革命の理念でもあり、かつて掲げていた「平等な社会」の実現を断念し、経済立て直しのため市場原理の部分的導入を進めるキューバ政府。今は「公正な社会」を築くための模索が続く。

 「なぜこんなタイミングで中止になったのか。大変、失望しました」。カフェを開業しようと準備を進めていたハバナ市のイスマナイさん(41)が落胆した表情で語る。政府が昨年8月に突然、飲食業を含む多くの自営業許可の申請受け付けを中断したためだ。

 国営ショッピングセンターの店員だったイスマナイさん。月収は12ドル(約1300円)だった。午前8時…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1110文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです