メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

日系人強制収容とカナダの見識=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 冬季五輪となると際立って活躍する国が世界にいくつかある。そうした国々の一つが北米のウインタースポーツ大国、カナダである。

 昨年は太平洋戦争中の日系カナダ移民強制収容から75年であった。当地の日系人社会、州政府、そして両国友好に関わる人々のリーダーシップでさまざまなイベントが開催された。その焦点は10月、最大の強制収容所が置かれたタシュメの地の高速道路沿いにその歴史標示を設置するアナウンスイベントであった。

 現在、カナダは多様性豊かな移民社会であるとともに極めて穏やかで治安の良い国として知られている。しかしカナダにもかつては激しい人種差別があり、戦時中には敵性国出身の移民の中で日系人のみに財産没収と強制収容という厳しい措置が行われた。このコラムでも何度か触れたが、日系カナダ人の子孫として、私もいろいろな話を父や親戚から聞いてきた。

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文705文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  2. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

  5. 「香港は“1国1制度”に。とても悲しい」 民主派・周庭さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです