メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根山噴火

観光か安全か 町、規制緩和望む 気象庁、慎重姿勢

冬季閉鎖の解除を受け、多くの観光客が「雪の回廊」を目当てにやって来る「志賀草津高原ルート」=群馬県中之条町の山田峠先で2017年4月21日午前10時24分、吉田勝撮影(画像の一部を加工しています)

 1人が死亡、11人が負傷した草津白根山の本白根山(もとしらねさん)(群馬県草津町)の噴火は23日で1カ月。火口から半径2キロ圏内で立ち入り規制が続く中、観光が主産業の草津町は観光と安全の両立という難題に直面している。町が期待するのが、一部が規制区域に含まれ、現在は冬季閉鎖中の観光道路「志賀草津高原ルート」の扱い。4月の開通に合わせ、町は規制から外したい考えだが、気象庁は慎重な姿勢を崩さず、先行きは不透明だ。【吉田勝】

 本白根山周辺では噴火以降、気象庁が噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げたのに伴い、火口付近の鏡…

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1370文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  4. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長に逮捕状 詐欺容疑
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]