メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・気象・防災

静岡 地域に根差す津波対策

 1976年に東海地震説が発表されて以降、静岡県は防潮堤整備などによって地震・津波対策に取り組んできた。2011年の東日本大震災後は、南海トラフ地震への懸念から、既存の防潮堤のかさ上げや延伸を進めている。一方、観光や漁業が主産業の伊豆半島では、景観悪化などを理由に一部で整備しない方針で議論が進む。「地域の特性を踏まえた津波対策」を掲げる県は、こうした状況から13年に策定した10カ年計画を改定し、防潮堤の整備目標を引き下げた。

 「厳しい財政状況を踏まえつつ、地域に合った対策に改める」。今年1月、県の幹部職員を集めた会議で、減…

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文1582文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです