メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

OAR選手、銅剥奪 仲裁裁、ドーピング違反認定

 【平昌・田原和宏】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は22日、「ロシアからの五輪選手(OAR)」のカーリング混合ダブルス銅メダリスト、アレクサンドル・クルシェルニツキー(25)のドーピング違反を認定し、失格処分にしたと発表した。これに伴い、世界カーリング連盟はクルシェルニツキーが妻のアナスタシア・ブリズガロワ(25)とのペアで残した今大会の成績を抹消。4位だったノルウェーのペアが銅メダルに繰り上がった。

 CASなどによると、クルシェルニツキーからは禁止薬物メルドニウムが検出された。本人も違反を認め、五…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  4. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

  5. こんな手口聞いたことない 認知症の高齢者から自宅聞き出し、貴金属業者呼んで強盗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです