メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スペイン

最古6万年前の壁画 ネアンデルタール人作か

洞窟の壁画

 これまで現生人類のホモ・サピエンス(新人)が描いたと考えられてきたスペインの洞窟内にある壁画が、実は旧人のネアンデルタール人の手による世界最古のものだったとの調査結果を、ドイツの研究チームが22日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

 約4万年前とされてきた年代を、新たな測定で6万年以上前に改めた。壁画発見後の1913年の論文では、動物やはしごのような抽象的な記号が模写されていた。記号を扱う思考は人類進化の根本的な始ま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 約3000年前の小さな靴を発掘 新生児用か、飾りひもも エジプトの遺跡
  3. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉
  4. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  5. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです