メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

デジタル農業に熱視線…ドローン、IT、タブレット

スマートフォンで農地の状況を確認するマイクロソフトのランビア・チャンドラ研究員(左)=米西部シアトル近郊で、清水憲司撮影

 米国で情報技術(IT)を駆使して収穫量を増やしたり、肥料や水の使用量を最少化したりする「デジタル農業」が注目されている。「商機あり」とみたIT大手やベンチャー企業が次々に参入し、農業のIT化を競っている。コストを削減できれば、インドやアフリカなどでの応用が期待されるだけに、世界の食糧事情を改善する可能性を秘めている。【シアトルで清水憲司】

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1392文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  3. ORICON NEWS 西島秀俊主演『空母いぶき』 映画オリジナルキャラに本田翼、中井貴一ら10人
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. F35戦闘機とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです