メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療

低酸素脳症にさい帯血 初の臨床試験へ

脳性まひ防止期待 大阪市立大など

 低酸素脳症の新生児に、自分のへその緒に含まれるさい帯血の幹細胞を注入し、後遺症の脳性まひを防ぐことができるか確かめる初の臨床試験を大阪市立大などのチームが始める。23日発表する。低酸素脳症は毎年1000人程度発生するとされるが、脳性まひの有効な治療法はなく、幹細胞治療による未然防止に期待がかかる。

 低酸素脳症は難産などで脳に酸素や血流が不足して起こる。後遺症で脳性まひになることが多い。出産直後の…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

  3. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  4. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  5. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです