メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊手術

沈黙破る医師 「親の思いを受けた面が…」

不妊手術の指針などが記された資料を見ながら語る産婦人科医の80代男性=北海道の道央地方で2018年2月20日、日下部元美撮影

 旧優生保護法(1948~96年)の下、障害者らへの強制不妊手術に関わった医師らが沈黙を破り始めた。北海道で手術に関わり、現在は障害者支援に取り組む80代の男性産婦人科医が毎日新聞の取材に応じ、道内で実施された多くの不妊手術の背景について「現在のような支援制度のない時代にあって、障害のある子が生まれると親だけで世話をするのは大変で、家庭が崩壊するケースもあった」と指摘した。

 証言したのは、北海道の道央地方の開業医。公立病院に勤務していた67年、精神科医の申請による道優生保護審査会の審査結果を受け、当時20歳ぐらいの女性の不妊手術の執刀を担った。

この記事は有料記事です。

残り851文字(全文1126文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです