メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南光の「偏愛」上方芸能

井上章一・国際日本文化研究センター教授とのトーク拡大版

対談する桂南光さん(手前)と井上章一さん=京都府宇治市で2018年2月6日、小松雄介撮影

 自称・男女問題研究家の桂南光さんと、「美人論」などの著書がある井上章一・国際日本文化研究センター教授が、古典落語「三枚起請(ぎしょう)」をテーマに語り合います。遊女がしたためたウソの約束に翻弄(ほんろう)される、3人の男の物語。それぞれの経験も交えつつ、南光さんと井上さんが繰り広げる「色恋」トークは、妄想や願望から“へりくつ”まで、盛りだくさんの内容になりました。

この記事は有料記事です。

残り3671文字(全文3855文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 大阪・吹田市で70代夫婦が死亡 無理心中か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです