連載

くらしナビプラス

毎日新聞デジタルの「くらしナビプラス」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

くらしナビプラス

成功事例を学ぶ障害者雇用セミナー 東京と大阪で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 障害者雇用のノウハウや成功事例を学ぶ「障害者の特性に着目した仕事づくり」セミナーが3月2日に東京、同5日に大阪でそれぞれ開かれる。NPO法人ディーセントワーク・ラボ(東京都大田区)の主催。

 現在、障害者雇用促進法に基づき、民間企業に義務づけられる障害者の法定雇用率は2・0%だが、今年4月には2.2%に引き上げられる。2017年で雇用率を達成している企業は全体の50%で、障害者雇用にハードルを感じる企業は多い。

 セミナーでは、企業や就労継続支援事業所、障害者の家族らを対象とした調査研究や成功事例を踏まえ、障害者の特性や強みを生かしながら育成していく組織運営の方法などを学ぶ。東京では、障害者の就労に詳しい埼玉県立大の朝日雅也教授らが講演。OA機器商社「ラディックス」の特例子会社「リベラル」を設立し障害者雇用を積極的に進め事業を軌道に乗せた立役者、上田庸司・取締役事業部長ら、先進的に取り組む企業・事業所関係者も登壇する。

 ディーセントワーク・ラボの中尾文香理事長は「障害者雇用では、仕事内容も大切だが、特性に合った柔軟な対応ができるか否かが鍵になる。これは組織全体のマネジメントや生産性向上につながる。関心のある方は誰でも参加してほしい」と呼びかける。

 東京会場は、3月2日午前10時~午後5時、大田区産業プラザPiOコンベンション鶯で。大阪会場は、3月5日同時刻、大阪市中央会館ホールで。いずれも参加無料。申し込みは法人名▽参加者氏名▽住所▽連絡先(メール、電話、ファクス)▽受講会場(東京か大阪)――を明記の上、メール(seminar@decentwork-lab.org)か、ファクス(03・6451・7346)。セミナーの詳細は(http://www.decentwork-lab.org/)。【中川聡子】

あわせて読みたい

注目の特集