メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
歴史散歩・時の手枕

北野天満宮(京都市上京区) 宝刀に梅にと老若男女

本殿に手を合わせる人々=京都市上京区の北野天満宮で、玉木達也撮影

 受験シーズン真っただ中、学問の神様、菅原道真(みちざね)を祭神とする北野天満宮(京都市上京区)では最後の「一押し」とばかり、本殿で手を合わせる若者の姿が目立つ。一方、境内では梅が咲き始め、宝物殿ではアニメなどで人気の太刀の展示も。これらが目当ての老若男女も集い、幅広い層に信仰される「天神さん」らしいにぎわいをみせている。

 北野天満宮は、平安時代中ごろの947(天暦元)年に創建された。道真(845~903)を祭ったのが始…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1344文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです