メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史散歩・時の手枕

北野天満宮(京都市上京区) 宝刀に梅にと老若男女

本殿に手を合わせる人々=京都市上京区の北野天満宮で、玉木達也撮影

 受験シーズン真っただ中、学問の神様、菅原道真(みちざね)を祭神とする北野天満宮(京都市上京区)では最後の「一押し」とばかり、本殿で手を合わせる若者の姿が目立つ。一方、境内では梅が咲き始め、宝物殿ではアニメなどで人気の太刀の展示も。これらが目当ての老若男女も集い、幅広い層に信仰される「天神さん」らしいにぎわいをみせている。

 北野天満宮は、平安時代中ごろの947(天暦元)年に創建された。道真(845~903)を祭ったのが始…

この記事は有料記事です。

残り1132文字(全文1344文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡
  5. 不正受給 事業所指定、取り消しへ 県 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです