メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

庁舎全面禁煙へ 10月から屋外含め敷地内 職員は勤務時間中吸えず /秋田

 県は、受動喫煙防止策として10月から県庁舎敷地内を全面禁煙とする方針を決めた。県が掲げる「健康寿命日本一」の一環。原則として各地域振興局を含め、すべての県施設が対象となる。

 県人事課によると、現在、県庁舎は屋内を禁煙とし、屋外に喫煙スペースを設ける分煙方式を採用。10月からは喫煙スペースを使用できなくし、屋外でも敷地内は全面禁煙とする。また敷地外であっても、昼休みを除いて勤務時間中は職員の喫煙を認めない。出張中も適用する…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです