特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

春風吹かせ!

’18センバツ/4 選手紹介 東海大相模・2年 山田拓也二塁手/慶応・2年 奥村拓馬二塁手 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <春風(しゅんぷう)吹かせ! 第90回記念選抜高校野球>

技術と選球眼に定評 東海大相模・2年 山田拓也二塁手

山田拓也二塁手 拡大
山田拓也二塁手

 バントなどの小技に定評があり、昨秋は1番・小松勇輝主将(2年)と3番・森下翔太選手(同)をつなぐ役割を担った。168センチ、63キロと小柄なため、「普通のバッティングでは試合に出られない」とコーチから発破を掛けられ奮起。ファウルで粘る技術と選球眼を磨き、昨夏もレギュラーとして定着した。

 昨秋の関東大会では課題も見えた。準決勝の中央学院戦。2死満塁の好機が2度巡ってきたが、「これまであまり無かった自分が打たないといけない場面で力んでしまった」と内野ゴロ。「単純に打者としてのレベルが足りないと痛感した」

 「小松と森下に食い込みたい」。打者としての結果を残すべく、長打力にも磨きをかけている。

厳しさと楽しさ両立 慶応・2年 奥村拓馬二塁手

奥村拓馬二塁手  拡大
奥村拓馬二塁手 

 新チームで監督から二塁手への転向を提案され、「ポジションにこだわるよりもとにかく試合に出たかった」。学生コーチに一から教わりながら毎日30分以上ノックを受け、1カ月でレギュラー入りした努力家だ。

 ただ、昨秋の県大会決勝では1死満塁から内野安打を許してしまい、持ち味の堅い守備を崩してしまった。勝負どころで後ろ向きになっていた自分に気付き、「このままではだめ」と野球を楽しむ気持ちに切り替えた。

 「厳しさと楽しさを両立できるようにしたい」。副将として全体を見ることも忘れない。「今はチームが下山(悠介主将・2年)に頼りすぎている」と話し、これまで以上に存在感を見せようと意気込んでいる。=つづく

次に読みたい

あわせて読みたい