特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法

強制不妊問題 知事「国が対応明示を」 情報開示や訴訟、県内は動きなし /三重

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法により知的障害者や精神障害者らが不妊手術を強制された問題で、鈴木英敬知事は23日の定例記者会見で、「今では考えられない制度。主導していた国がまず指針を示すのが筋だ。対応を明示してもらいたい」と述べた。【井口慎太郎】

 県に残る記録によると、手術の必要性を判断する審査会は県内で1963~79年に22回開かれ、49人が不妊手術が必要と判断された。内訳は、女性が47人で男性が2人、最…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集