メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう 身近にある性的被害 /大阪

抵抗、告発が難しく、深い心の傷/訴えた側をうそつき呼ばわり

口塞いでいるのはその人自身/「私は」と、堂々と話せる社会に

 米ハリウッドの有力プロデューサーによる複数の女優たちへのセクハラや性暴行疑惑が昨年に表面化し、女優のアリッサ・ミラノさんが、被害を受けたことがある女性たちに「Me Too(私も)」と声を上げることを提案しました。短文投稿サイト・ツイッターで検索の目印「#」(ハッシュタグ)を付けて、「#Me Too」と性的被害について発信する運動が世界中に広がりました。

 日本でも昨年、ジャーナリストの伊藤詩織さんが顔と名前を出し、仕事関係者から性暴力被害を受けたとして記者会見しました。

この記事は有料記事です。

残り1584文字(全文1879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです