メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースなことば

裁量労働制 長時間労働を助長する恐れも /大阪

 実際に働いた時間に関係なく、定めた時間をあらかじめ働いたと見なし、賃金を支給する制度です。仕事の進め方が労働者の裁量に大きく委ねられる職種が対象で、弁護士や新聞記者など「専門業務型」と、企画や調査などを担う「企画業務型」の2類型があります。政府が今国会での提出を目指す働き方改革関連法案で、一部営業職などへの適用拡大が盛り込まれました。労働者が主体的に業務の遂行手段や時間配分が決定できるとされますが、長時間労働を助長する恐れも指摘されています。

 安倍晋三首相は今年1月29日の衆院予算委員会で「裁量労働制で働く方の労働時間は、平均的な方で比べれ…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文942文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです