綏靖天皇陵

初調査 考古学協会など「円形の古墳か」 橿原 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宮内庁が「綏靖(すいぜい)天皇陵」として管理する橿原市の四条塚山古墳で、日本考古学協会など考古学や歴史学関係の16団体の研究者16人が23日、初の立ち入り調査をした。高さ約3メートル、直径約30メートルの土の盛り上がりがあるとされるが、これまで古墳と確定していない。同協会の杉井健理事は「円形の古墳…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

あわせて読みたい

注目の特集